英御流について

日本舞踊をよりわかりやすく、より楽しく!

英御流について

日本舞踊をよりわかりやすく、より楽しく!

初めまして。英御流寿光(はなぶさごりゅう ひさてる)です。

英御流へご興味をもっていただき大変嬉しく思います!

さっそくですが、英御流についてご紹介させてください。

英御流は、日本舞踊の流派です。

「日本舞踊をより分かりやすく、より楽しく!」

をモットーと考え、活動しています。(流派名が読みにくいですが・・・笑)

私たちがもっとも大切にしているのは芝居心。踊りの美しさはもちろんですが、喜怒哀楽や様々な感情が湧き出る舞台を目指し、お稽古をしています。

これは歌舞伎からの影響によるものです。

私の母親である宗家 英御流寿花(はなぶさごりゅう ひさか)は、関西歌舞伎俳優の市川河之助の次女に生まれ、市川荒子(いちかわ あらこ)として子役から歌舞伎の舞台で活躍していました。また、私自身も初代中村芝光(なかむら しこう)として人間国宝 七代目中村芝翫(なかむら しかん)先生の門人となり、研鑽を積んできました。

英御流では、古典を継承しつつも新しい時代の流れを柔軟に取り入れ、進化した日本舞踊をお教えできるよう心がけています。また、舞台・舞踊だけでなく、年齢や経験を問わずみなさまに日本舞踊を楽しんでいただけるよう、健康面や効率化を考え実践しています。

ぜひ私と一緒に日本舞踊を楽しんでみませんか?

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

ー 家元 英御流寿光

英御流

日本舞踊をより分かりやすく、より楽しく!

それが、英御流の使命です。

日本舞踊というと「難しい」「厳しい」といったイメージをお持ちの方が多いでしょう。私たちは、そのイメージを変えようとしています。

年齢や経験レベルに関係なく、みなさんに日本舞踊の魅力を味わい、楽しんでいただきたい。そのために、弟子一人ひとりのニーズに合わせた最適なお稽古を提供しています。

先生は元歌舞伎役者であるためにその影響を受けており、踊りの美しさだけでなく芝居心を非常に大切にしているのも私たちの特徴です。

英御流

日本舞踊をより分かりやすく、より楽しく!

それが、英御流の使命です。

日本舞踊というと「難しい」「厳しい」といったイメージをお持ちの方が多いでしょう。私たちは、そのイメージを変えようとしています。

年齢や経験レベルに関係なく、みなさんに日本舞踊の魅力を味わい、楽しんでいただきたい。そのために、弟子一人ひとりのニーズに合わせた最適なお稽古を提供しています。

先生は元歌舞伎役者であるためにその影響を受けており、踊りの美しさだけでなく芝居心を非常に大切にしているのも私たちの特徴です。

家元 英御流寿光のご紹介

(はなぶさごりゅう ひさてる)

私は本当に様々な先生の下で勉強をさせていただきました。 何より大きかったのは芝翫先生との出逢いでした。

井の中の蛙であった私に世界を見せて、 基本の更に手前を見せ理解させてくれました。

先生の履歴

先代宗家 英御流冠翁(かんおう)と宗家 英御流寿花(ひさか)の次男として生まれ。幼少から冠翁先生の指導の下、舞踊の舞台に立つ。

  • 1982年 国立劇場 第七期 歌舞伎俳優養研修を開始。
  • 1984年 人間国宝 七代目中村芝翫先生(成駒屋)の門人(初代中村芝光)となり、歌舞伎の舞台で研鑽を積む。
  • 1993年  歌舞伎の舞台を離れ舞踊家(英御流二代目)として活動を始める。
  • 1996年 流派の垣根を払った、わかぎ会を立ち上げ様々な演出の舞台を創る。
  • 2012年 歌舞伎の師である芝翫先生の遺言に従い中村流 家元中村梅彌先生の弟子となり、中村芝皐の名を頂く。中村流と英御流の中で自らの研鑽と後進の指導にあたる。
  • 2016年 英御流家元継承。

現在は新舞踊も古典も基本から丁寧にお教えしています。また、振り付け師や後見として幅広く活躍しています。

先生のこだわり

踊りはきれいなカタチだけではありません。

特に芝居心を大事にしています。

役の特徴、物語の流れや振りの意味などを理解した上で、自分の想像力を活かし、何かを伝えようとすることにより、観る側も楽しめる面白い踊りが生まれてきます。

芝居心や美しい動線を追求するとともに、指導者として、弟子一人ひとりが目指している姿を実現し、楽しく日本舞踊を習うことに日々心がけています。

こんな方には英御流のお稽古をオススメします:

  • 歌舞伎(お芝居)や日本舞踊(踊り)が好きな方
  • 早く上達していきたい方
  • 舞台が好きな方
  • 芝居心を育てていきたい方
  • 笑いながら楽しくお稽古したい方
    芝居心や美しい動線を追求するとともに、指導者として、弟子一人ひとりが目指している姿を実現し、楽しく日本舞踊を習うことに日々心がけています。

    こんな方には英御流のお稽古をオススメします:

    • 歌舞伎(お芝居)や日本舞踊(踊り)が好きな方
    • 早く上達していきたい方
    • 舞台が好きな方
    • 芝居心を育てていきたい方
    • 笑いながら楽しくお稽古したい方

      英御流のメンバー

      〜 東京のチーム 〜

      英御流真樹

      英御流真樹

      はなぶさごりゅう まき

      師範 東京支部長

      父はアングラ劇団付き脚本家で母は日舞師範。2歳で初舞台。17歳で師範となり舞踊家人生をまっしぐらかと思いきや、結婚、出産、育児を経験、家族の仕事の都合で各地を転々とすることになり、その間日舞とは疎遠となります。子育てがひと段落した頃、母の勧めで寿光師と出会いました。そのとき、38歳。新たな舞踊家人生が始まりました。

      目からウロコが落ちるような新たな経験に刺激を受け、いまなお学ぶ意欲はとどまるところを知りません。

      地元所沢においては、所沢市邦楽芸能連盟及び所沢市文化団体連合会に所属。2013年「21世紀会」を結成し、毎年「日本のおどり」と銘打って流派を超えた舞踊活動を展開しています。

      英御流杏奈

      英御流杏奈

      はなぶさごりゅう あんな

      師範

      ドイツ出身。大衆演劇の劇団に入団しようとして日本舞踊を習い始めたのが、英御流に出会ったきっかけです。寿光先生の魅力的な踊りや面白いお話に惹かれ、日本舞踊に夢中になりました。

      『まかしょ』や『連獅子』(れんじし)などノリがいい踊りが好きですが、よく失敗もします。また、裏の仕事や楽屋の雰囲気も楽しいので、いつか後見をやりたいと考えています。

      そして、英御流のウェブサイトやブログの管理人でもあります。知りたいこと、聞きたい話などご質問があれば、お気軽に声をかけてください!

      〜 米子のチーム 〜

      英御流恵方

      英御流恵方

      はなぶさごりゅう えほう

      師範

      楽器好きな父と踊りの好きな母。そうした両親の間に生まれた女の子は、小学生時代には学芸会で踊り部門の主役をはっていました。

      その女の子 恵方は縁があって英御流寿花先生と出会い、踊りの世界に魅了されました。お稽古をすればするほど踊りが好きになり、夢が広がりました。いつか稽古場を持ち、子供たちと一緒にお稽古ができたら・・・と思うようになったのです。

      いま現在、教室を持ち、生徒たちとともに楽しくお稽古に励んでいます。でもまだ夢の途中。

      いつまでも元気で、大好きな音楽と素晴らしい指導者、そして仲間に囲まれて踊り続けたいと思っています。

      踊り好きの方、是非一度 英御流のお稽古を体験してください。お待ちしています。

      英御流瑞花

      英御流瑞花

      はなぶさごりゅう みずか

      師範

      三味線、華道、茶道の師範であった父親に育てられた私は、幼少から伝統芸能を身近に感じ学んでおりました。

      私の大きな転機。それは宗家 英御流寿花(ひさか)先生との出会いでした。所作の美しさやお芝居の面白さ、優しい人柄に夢のように惹かれ、寿花先生についていきたい、また、英御流の師範として日本舞踊の魅力を伝えていきたいと心の中で決めました。

      現在は、英御流以外に米子のNHKでも日本舞踊の教室を開いています。対象は子供から大人まで。楽しめるようにお教えしています。

      新鮮な新舞踊や面白い古典も意欲的に扱い、衣装や舞台の演出にもこだわっています。なにごとにも挑戦していきたいと思いますので、みなさんぜひ一緒に挑戦し、日本舞踊を楽しみましょう!

      〜 福岡のチーム 〜

      英御流白桜

      英御流白桜

      はなぶさごりゅう はくおう

      師範
      英御流梨凡

      英御流梨凡

      はなぶさごりゅう りほ

      師範

      英御流の歴史

      現在の家元である英御流寿光の祖父は関西歌舞伎俳優の市川河之助でした。市川荒五郎(三代目)の門人から始まって大正~昭和の新聞を賑わす人気俳優となり、斬新な舞台構成や変化物を得意としていました。長年座頭を務め、屋号は三河屋でした。

      初代家元(寿花)は河之助の次女に生まれ市川荒子として子役から舞台に立ち活躍していました。
      流祖(冠翁)は十代で花柳壽輔(二代目)の弟子となり研鑽を積み、後に河之助の舞踊指導を仰ぎ、家元(寿花)との縁となりました。

      1971年に英御流が創流されました。

      創流以来、古典の流れを継承しつつ新しい時代の流れも取り入れ進化させています。市川河之助の考えは英御流に伝えられ、さまざまな曲で舞踊活動をしています。

      英御流では舞台・舞踊だけでなく、健康面や効率化を考え稽古も進化させています。
      舞台に立つ人が楽しんでいれば、自然に見る方も楽しくなます。喜怒哀楽やさまざまな感情が湧き出るような舞台を目指したお稽古を提供しています。

      英御流の歴史

      現在の家元である英御流寿光の祖父は関西歌舞伎俳優の市川河之助でした。市川荒五郎(三代目)の門人から始まって大正~昭和の新聞を賑わす人気俳優となり、斬新な舞台構成や変化物を得意としていました。長年座頭を務め、屋号は三河屋でした。

      初代家元(寿花)は河之助の次女に生まれ市川荒子として子役から舞台に立ち活躍していました。
      流祖(冠翁)は十代で花柳壽輔(二代目)の弟子となり研鑽を積み、後に河之助の舞踊指導を仰ぎ、家元(寿花)との縁となりました。

      1971年に英御流が創流されました。

      創流以来、古典の流れを継承しつつ新しい時代の流れも取り入れ進化させています。市川河之助の考えは英御流に伝えられ、さまざまな曲で舞踊活動をしています。

      英御流では舞台・舞踊だけでなく、健康面や効率化を考え稽古も進化させています。
      舞台に立つ人が楽しんでいれば、自然に見る方も楽しくなます。喜怒哀楽やさまざまな感情が湧き出るような舞台を目指したお稽古を提供しています。

      まずは無料でお稽古を体験!

      日本舞踊を習うのに、いきなりまだ知らない流派のお稽古に参加して大丈夫だろうかと不安に思う方も少なくないでしょう。

      でも、そうした方々にも安心して日本舞踊を習っていただけるよう、英御流では無料でお稽古を体験していただけます。まずは試しに参加してみませんか?

      Pin It on Pinterest